ニキビ跡は、ニキビの炎症により、肌の組織が傷ついたことで残る症状です。そのため、ニキビの跡をケアするためには、肌のターンオーバーを促進することが大切だと言われています。食事や睡眠など、規則正しい生活を送ることで肌の修復や再生機能が活発になり、結果としてニキビ跡を薄くする効果が期待できます。

食事では、肌の栄養に不可欠なビタミンAやビタミンB6、野菜や果物に多く含まれるビタミンCなどを積極的に摂取しましょう。一方、動物性の脂質や糖分などは、皮脂腺を刺激し皮脂を過剰に分泌してしまう可能性もある為、注意しておきましょう。

また、仕事や家事などで忙しい場合も、就寝前の活動を工夫することで「良質な睡眠」を確保しましょう。例えば、ストレッチやマッサージなどを行ったり、就寝前に電子機器を使わないことも、良い睡眠をとるためにおすすめです。

マッサージと保湿で肌質を改善!!

ニキビの多くは、水分と油分のバランスが整っていないことで起こると言われています。そのため、定期的に正しい保湿を行うことは、ニキビの予防や、ニキビ跡をケアすることにも効果的です。

ですがニキビ跡の多くは、炎症で肌の表面が硬くなったり汚れなどが毛穴に詰まって、せっかくの水分をうまく吸収できない場合があります。この場合、保湿の前に毛穴の汚れをしっかり落とすことや、優しくマッサージして皮膚を柔らかくすることがおすすめです。

肌の水分量が整うと、肌のトーンが明るくなったり凹凸が目立たなくなるなどのメリットもあり、ニキビ跡を目立たなくする効果があります。

ニキビは、ほとんどの人が経験する皮膚病です。思春期にできることが多く、青春のシンボルといわれています。毛穴に皮脂腺から分泌される脂肪などが詰まってできます。