歯全体の健康のために必要なこと

インプラント治療は歯を失ったときに噛み合わせを回復するための治療方法のひとつです。歯を失った部位のあごの骨に人工の歯根を埋め込んで、その人工の歯根に人工の歯を取り付けるというものです。入れ歯などと比べて安定感に優れていることが特徴で、固い食べ物でもしっかりと噛むことが可能です。歯は抜けたままにしておくと、抜けた部位に周囲の歯が寄ってきて歯並びが悪化します。それは噛み合わせに影響を与えることになります。インプラント治療をすることで、噛み合わせを維持することも可能です。

審美性にも優れる治療法

インプラント治療ではあごの骨に人工の歯根を埋め込むという外科的な治療が発生します。そのため治療の前には医療機関において精密検査が行われます。あごの骨の量が十分であるかということをが挙げられます。人工の歯根を埋め込む部位のあごの骨に十分な強度がなければ人間の噛む力を支えることができません。もしも埋め込む部位のあごの骨の強度が十分でないと判断されたときには、あごの骨の強度を高めるための治療を行います。人工の歯根はチタンという金属でできています。チタンの特徴としてはあごの骨との親和性が高いことと金属アレルギーを起こしにくいということです。つまり、金属アレルギーの人でも安心して治療を受けることができます。埋め込んだ後にあごの骨との結合が確認できれば人工の歯を取り付けます。その際には周囲の歯に合わせて作製されるので審美性にも優れていることが特徴です。

三鷹のインプラントは、治療の実績が豊富ですから安心です。診察を希望しているなら、インプラントにかかる費用についてチェックしましょう。