歯の根を残す歯科治療

虫歯や歯周病が進行すると、歯の神経部分に細菌が繁殖してしまいます。そうなってしまうと、根管治療を行わなければなりません。根管治療とは、細菌に冒された歯の根の部分の神経を抜く治療のことです。この治療の際に少しでも取り残しがあると、そこから更に細菌が繁殖して歯茎に膿が溜まってしまいます。そのため、歯の根を残す治療において根管治療は重要な意味を持ちます。そこまでして歯の根を残すのには訳があります。歯の根があれば、上部に被せ物をすることで歯を再現することができるのです。歯の根が残っていれば、入歯やブリッジなどの人工歯を使う必要がありません。

マイクロスコープによる治療

根管治療の際に用いられているのがマイクロスコープです。マイクロスコープを使用すれば、肉眼では見えなかった歯の根の神経を細かい所までチェックできるようになります。そのため、神経の取り残しがなく再発の心配もありません。また、必要以上に健康な歯を削ることもなくなるため、患者の負担軽減にも繋がります。その他、治療時間の短縮などマイクロスコープには様々なメリットがあります。

治療後の歯磨き指導の徹底

根管治療が無事に終わったからと言って安心することはできません。再度歯茎の中で細菌が繁殖しないように日頃からケアを行う必要があるのです。そのため、歯科では治療後に歯磨き指導が徹底されています。歯ブラシを縦方向に小刻みに動かして歯垢をきれいに取り除くといったブラッシング法はもちろんのこと、歯間ブラシやデンタルフロスを使った歯間の汚れの落とし方が指導されることになります。

根管治療とは、虫歯が悪化して歯の根っこの部分に細菌が入ってしまった際、それを取り除く治療のことをいいます。