スキンケアで脱毛時の痛みを軽減

美容皮膚科やクリニック、エステサロンなどで脱毛しようと思ったら、ムダ毛の状態だけではなく肌コンディションにも気を遣う必要があります。脱毛マシンにはレーザー式やフラッシュ式などの種類がありますが、そのどれらもムダ毛に加えて肌に少なからず影響を与えます。ですので肌のコンディションが悪い時に脱毛施術を行うと、痛みや腫れなどの症状が出やすくなるので注意しましょう。脱毛する時にまず最初の意識したいスキンケアが保湿です。肌には外からの刺激を和らげるバリア機能がありますが、水分量が少なくなると働きが低下するという特徴があります。そのため肌が乾燥時に脱毛施術を行うと、痛みや赤み、腫れが強まる恐れがあります。これに加えて脱毛施術は肌の内側に熱がこもりやすく、肌の水分の蒸発を誘発してしまいます。これを予防するためにも、毎日のスキンケアで保湿することが大切です。

保湿効果の高いローションでアフターケア

ムダ毛を処理する方法には脱毛のほかに、カミソリや毛抜きを使った自己処理があります。ムダ毛の自己処理は自宅で手軽にできるのが魅力ですがアフターケアが疎かになりがちで、カミソリ負けや埋没毛などの肌トラブルの心配があります。ですが脱毛専門店でムダ毛を処理すれば、プロのスタッフが美容効果の高いローションやジェルでアフターケアを行います。そのため肌トラブルが起こる可能性が低くなることに加え、乾燥肌や敏感肌なども改善することが期待できます。さらにカウンセリング時には正しいムダ毛の自己処理方法の説明もあるので、肌負担を抑えてツルツル素肌になれるのがメリットです。

脱毛にはサロンでの脱毛と病院での脱毛の医療脱毛に大きく分けられます。病院での脱毛の一番のメリットは医師という、適切な処置ができる人がいるということです。病院なのでアフターケアもしっかりしています。