痛みを感じやすい部位です

最近の脱毛器は進化しており、痛みを感じにくいものが増えています。しかしながら、皮膚が薄い部分や筋肉が少ない部分、皮膚が敏感に感じやすい部分は痛みを強く感じることが多いです。VIOの場合、常に下着に覆われている部分で刺激に弱い部分だといえます。そのため、VIOを施術する場合、痛みを強く感じる人が多いのです。またレーザーや光は黒いメラニンに反応するのですが、VIO部分の毛は太く濃いことも痛みに影響しています。脱毛回数を重ねてムダ毛が薄くなってくると、痛みがましになってくるようです。

予約するタイミングに注意しましょう

VIOの脱毛をする場合、予約日が生理予定日でないかどうかに注意しましょう。VIO以外の箇所であれば生理時でも脱毛が可能なこともありますが、VIOの場合はどこの施術場所でも脱毛できません。生理時はホルモンバランスが乱れているため、そもそも脱毛施術を勧めていないことが多いです。普段よりも刺激を感じやすく、肌トラブルが起きやすいからです。さらにVIOの場合は、経血が付着して感染症などのリスクが高まってしまいます。そのためどの施術場所においても、生理時はVIO脱毛ができないのです。生理予定日とずらして予約するようにしましょう。また生理周期が不安定で予約日に生理になってしまった場合の対処法を聞いておきましょう。当日のキャンセルは有料になってしまったり、1回分の施術としてカウントされるなど施術場所によって対応が異なります。

VIOライン脱毛を行うことによって、大胆な下着や水着を身につけることができるようになります。また、排泄物などがつきにくく雑菌が繁殖しにくいため臭いの軽減などの効果も得られます。