治療は骨の状態によって

インプラント治療にかかる期間は、治療を受ける人の骨の状態によって大きく変わります。治療はまず、骨の中に人工の歯根を埋め込むところから始めます。顎の骨と歯根が結合するまでの期間は人によって異なり、早い人で3ヶ月程度、遅い人の場合は半年以上かかることも珍しくありません。そのため、治療が終わるまでの期間は骨の状態や結合具合によって大きく変わってきます。インプラント治療は、2回の手術が行われることが一般的ですが、1回のみの手術で完了する治療法というのも存在し、この場合治療にかかる期間は若干短くなります。治療中は手術以外にも通院をする必要があるため、インプラント治療を始める時には通いやすい歯科医院を選んでおくことがおすすめです。

治療が完了すればそれで終わりではない

インプラント治療を受ける時に覚えておかなければいけないのが、治療が完了すればそれで終わりではないということです。治療が終われば、まるで本物の歯のような見た目と噛み心地を取り戻すことができます。しかし、その状態を維持するためには定期的なメンテナンスが必要です。メンテナンスを怠ると、最悪の場合は折角入れた歯を取り除かなければいけない状態となってしまいます。メンテンナンスにかかる費用は、保険が適用されないことが一般的です。そのため、費用は高額になりますが、長く良い状態を保ちたいのであればメンテナンスを怠らないことが大切です。少しでも気軽にメンテナンスを受けたいのであれば、インプラント治療を始める時点でメンテナンスに関する料金を確認しておくと良いでしょう。

杉並区では、インプラント治療が出来るクリニックが豊富に遍在します。井の頭線沿線には駅チカのクリニックも多数ありますので、杉並区で行うインプラントをぜひご検討ください。