まずは認めることが大事

髪が十分にある時は薄毛になった時の自分を想像することはないでしょう。しかし、毎年必ず年を取るわけですから、徐々に髪も衰えてきます。たとえば、ハリやコシがなくなったり、抜けやすくなったりなど、薄毛に近づいている状況です。ただ、薄毛の自分を想像したことがないので、現実を受け止められず、放置してしまう可能性があります。加齢による薄毛は放置しても回復は見込めないので、まずは認めることが大事です。そうすれば、前向きに復活させるために取り組めるようになるでしょう。早い段階で薄毛だと認めた方がすぐに対策をスタートできる分、取り戻せる髪の量は多くなります。認めるのは簡単なことではないですが、未来の自分の幸せを考えれば素直になった方がメリットはあります。

地道な対策が髪の復活に効果的

薄毛を予防して発毛に取り組み、髪を復活させるためには地道な対策が効果的です。対策をスタートさせたとしてもすぐに抜け毛が止まり、発毛することはあり得ません。自分では簡単に実感できないほどの小さな変化が積み重なってようやく抜け毛が減ったり、薄かった部分に髪が生えてきたりなど、効果が見えるようになります。ただ、対策の効果がわかり辛い場合、続けるべきなのかどうかの判断に迷う場合があります。薄毛を改善する方法は1つではないので、効果が見えない場合は別の方法を試したいと考えるでしょう。1週間や2週間で判断するのは早すぎるので、最低でも1か月以上は様子を見ることをおすすめします。3か月ほど試して効果がわからない場合は合ってないと判断できるため、3か月は1つの方法を続ける形でも問題ないです。

発毛とは抜けてしまった髪が再び生えることをいいます。また治療など人為的な方法により抜けてしまった髪が生えてくることです。